目がかすむメカニズムとは~ブルーライトを作り出す黒幕の正体~

目疲れを起こす光の正体【原因を知って効果的な対策法を構築】

どうして起こる目のかすみ~その原因を徹底解説~

一般的に、ブルーライトは目がかすむという症状を引き起こす黒幕的な存在です。長時間、浴び続けると目にどんな症状をもたらすのかを掘り下げてみましょう。

目がかすむ原因とは

長時間、画面を間近で見続けるPC作業は、目に与える負担も甚大です。物を見る時、ピントを合わせる力が低下してしまうので、眼精疲労やかすみの症状を感じやすくなります。当たり前のようにPCを使用していると、気が付かないうちに目を酷使してしまうのです。

疲れの大きな原因となるブルーライト

目疲れを引き起こす大きな要因であるブルーライトは、私達の日常生活を支えるあるアイテムから多量に発せられています。

ブルーライトとは

ブルーライトが目に与える影響

ブルーライトのエネルギーは高い

紫外線に匹敵するエネルギーを持つブルーライトは、LEDライトの光が作り出します。あらゆる場所で利用されているため、浴びる頻度が多めです。

PCやスマホを多用する事で目がかすむメカニズムとは

パソコン

PCやスマホを長時間使用し続ける事でもたらされる眼球組織への影響について、こちらで詳しく紐解いてみましょう。

目への負担が大きな原因です

あらゆる情報を収集できるPCやスマホは、利便性の高さから多用しがちなので、知らず知らずのうちに目に負担をかけてしまいます。ある意味、ブルーライトは私達の生活と切っても切れない関係となっています。

かすみにはその他の要因も考えられます

加齢
目がかすむ原因は、加齢も挙げられます。加齢の影響により、目のピントを調節する役割を担う毛様体筋が衰えてしまうため、遠くの物はきれいに見え、近くの物はぼんやりとかすれたように見えてしまいます。いわゆる、「老眼」と呼ばれる症状で、40代を過ぎた皮切りに症状が徐々に現れます。加齢は、誰にも等しく表れるものなので、いずれは老眼を発症させてしまいます。老眼の症状が目立ってくる前に、専用のメガネを購入するなどの対策が必要です。
コンタクトレンズ
コンタクトを使用している場合でも、目のかすみ症状が表れるケースが多いです。毎日、コンタクトを使用し続けると、徐々に目に汚れが蓄積させてしまいます。汚れによって、ぼやけて見えたりかすんで見えたりと、見え方に変化が生じてしまうのです。また、コンタクトを長時間使い続けると、乾燥の症状も現れてしまいます。乾燥により眼精疲労を引き起こしてしまうため、景色がかすんで見えてしまうのです。目に負担をかけないために、用法を守って正しくコンタクトレンズを使用しましょう。

大切な目だからこそ

我々は、視力に頼って生きているからこそ、目を労わる必要があります。日々の生活をおくるにあたり、いつまでもクリアな視界をキープし続けるためには、しっかりとかすみや疲れ目の対策を講じましょう。

PCユーザー必見~PC環境で行なう目のかすみ対策を解説~

効果的にブルーライトの影響を最小限に抑える方法を知っておけば、長時間のPC作業も目疲れが起きにくくなります。

PCを多用する人はディスプレイ設定が肝心

ディスプレイの明るさ調整
大抵の人は、PCディスプレイの輝度を初期設定で使用しがちです。目にかかる負担を最小限にしたいなら、場所毎に適した輝度に調節しましょう。手っ取り早く、輝度を調節するには、コピー用紙を利用すると楽に調節できます。照明下に、コピー用紙とディスプレイを並べ、明るさが一致するよう調節すれば、おおむね適切な輝度に設定できます。時間帯によって、明るさに変動が起きる場所なら、輝度を自動的に最適化するディスプレイを導入するのも有効です。
チラツキによる目の負担を軽減させる
現在流通している液晶ディスプレイには、PWM(Pulse Width Modulation)調光という方式を採用しています。このディスプレイによって、画像の明滅がチラついているように感じてしまい、眼精疲労を引き起こしてしまいます。チラツキを抑えるためには、違うタイプの調光方式のディスプレイに変更するのが有効です。DC(Direct Current)調光やEye Care調光方式を採用しているディスプレイに切り替えれば、チラツキを防止してくれるので、疲れ目を引き起こしにくくなります。
【最重要!】ブルーライトを抑える
目がかすむのが気になるのであれば、ブルーライト対策グッズを用いるのも有効な手段です。ディスプレイへ対策用フィルムを貼り付ける、あるいは対策用メガネを装着すれば、目にかかる負担を最小限に抑えられます。対策フィルムをディスプレイに貼りつければ、色温度を5,000Kに変更すれば400~500ナノメートルのブルーライト波長を70%ほどに抑制させられます。対策メガネの場合は、最大で50%ほどのカット率を有するので、目に与える負担を軽減しやすくなります。

IT従事者からのワンポイントアドバイス

姿勢にも気を付けましょう(システムエンジニア)

普段のPC操作姿勢を変えるだけでも、目疲れが起きにくくなりますよ。背筋を伸ばす、深く腰掛けて背中を十分にあてる、足の裏全体が床に設置させれば、首・肩・腰に無駄な負担がかかりにくくなります。またディスプレイを見る時は、視線を正面にまっすぐ向けるか少し下げる程度に抑えれば、ブルーライトの影響を最小限に抑えられるので、ドライアイを起こしにくくなります。この姿勢でPC操作を行い始めたら、目疲れが感じにくくなりました。

かすみ対策となるグッズも活用しましょう【PCメガネVSフィルム】

目に負担をかけるブルーライトの影響を抑えるには、専用のメガネやフィルムを用いるケースが多めです。こちらでは、双方の特徴について比較してみましょう。

特徴の比較

ブルーライト用の目薬も効果的です

目標

PCやスマホ操作で目を酷使してしまった場合、ブルーライト用目薬で目を労わるのはいかがでしょうか。ビタミン薬液など、目の組織を修復するのに適した成分を基準内で最大濃度に配合しているので、ブルーライトによる目の疲れや炎症、充血の症状を改善させやすいです。電子機器が発達した現代に適した目薬と言えます。

目に良い栄養素を摂取する

目の疲れを抑制するには、摂取する栄養素にも工夫を凝らすのも有効です。目に良い栄養素を含む食材を、毎日の食事に取り入れるのはいかがでしょうか。

かすみ対策に効果的な栄養素とは

目がかすむ原因は、ロドプシンと呼ばれる網膜内にある物質の働きが低下する事です。網膜内で吸収した光を電気信号に変え、視細胞を通じて脳へ刺激を与える役割を担いますが、活動低下によって視界の曇りやかすみの症状を引き起こしてしまいます。弱り切ったロドプシンを活性化させるのに効果的なのがアントシアニンです。アントシアニンは、ロドプシンの再合成を促進させ、目の機能を正常に戻してくれます。

アントシアニンが豊富な食材とは

アントシアニンが豊富に含まれている食材は、ブルーベリーなどのベリー類、ナス、赤ジソ、黒豆、黒ゴマです。これらの素材で作られたサプリメントも多数販売されているので、毎日無理なく高濃度のアントシアニンが摂取できるでしょう。下記ではさらに詳しくブルーベリーの栄養素や効果的な摂取法の紹介がされているので参考にしてみてください。

TOPボタン

Copyright©2017 日常のあらゆるところに目がかすむ原因が潜伏している! All Rights Reserved.