目がかすむメカニズムとは~ブルーライトを作り出す黒幕の正体~

目疲れが体に与える影響~放置すると重大な疾患を引き起こす~

  • TOP
  • >
  • 早期解決が有効

目の疲れは日常生活にも大きな支障をきたす

目の疲れは、身体面でも精神面でも多大な影響をもたらします。ただ、目が疲れているだけと油断するのは禁物です。精神衛生的にも、眼精疲労は早期に治すべき症状である事を知っておくべきです。

目の疲れが体に与える異変とは

肩こり

人間の目の周りは、薄い筋肉が集まっています。長時間、目を酷使し続ける事によって、目の筋肉に疲労を蓄積させてしまい、眼精疲労を発症させてしまいます。しかも、厄介なことに眼精疲労は、目の周りだけに表れるだけでなく、首や肩の筋肉を緊張状態にしてしまいます。首や肩の血流が滞ってしまい、肩こりや頭痛をも引き起こしてしまいます。症状をそのままにすると、肩こりや頭痛による集中力低下やストレスを蓄積させてしまいます。ひどくなると、蓄積された疲労物質が末梢神経を損傷させ、手足のしびれや痛みの症状を引き起こします。

20代~40代の男性に多い群発頭痛

聞き慣れない名称の群発頭痛は、主に20代から40代までの働き盛りの男性に多く見られる症状です。季節の変わり目に激しい痛みを訴える人が増加します。症状が悪化してしまうと、吐き気を催す人も出てきます。

目の疲れが大きな事故につながるケースもあります

めまいやふらつきが出るケースが厄介です(眼科医)

眼精疲労は、肩こりや頭痛だけでなく「視性めまい」という恐ろしい症状を引き起こします。「視性めまい」は、眼精疲労が慢性化した事で、目や脳を流れる血流が滞ってしまう事で、めまいやふらつきの症状を引き起こしてしまいます。眼精疲労を引き起こした状態で車を運転すると、「視性めまい」の影響で、大規模な交通事故を引き起こすケースがあります。取り返しのつかない事になる前に、早めのケアを施した方が良いです。

このような症状はメンタルにも良くありません

目のかすみ、頭痛の症状は身体的な面で影響をもたらすだけではありません。精神面でも多大な影響を及ぼします。目のかすみや頭痛の症状によって仕事の進捗を著しく低下させるので、細かなミスを連発してしまい、余計にストレスを溜め込んでしまう恐れがあります。

かすみ目を放置しておく事で懸念される症状

たかが、かすみ目だからといって油断は禁物です。放置するとその後の人生に悪影響を及ぼしかねない疾患を引き起こす危険性があります。

これらの症状を引き起こす恐れがある

ドライアイ
一般でも広く認知されている目の症状。目がかすむ、赤く充血する、目を開けにくい症状を引き起こしている原因は、目の表面から角膜の間にある油層、水層、ムチン層の3層のどこかで引き起こされる異常によるものです。ドライアイ状態になると、目が傷つきやすい状態となってしまいます。重症化すると目の表面に傷が多くついてしまいます。症状を放置すると、角膜にできた傷から細菌が入り込み、角膜潰瘍を発症させ急激に視力を低下させてしまうので、甘く見ずにすぐ治療を受けましょう。
緑内障
失明のリスクが高い病気として広く知られる緑内障。視神経の異常により、脳に正確な視覚的情報が伝達できなくなってしまいます。初期で感じる症状は、ごく僅かな範囲だけが見られなくなる程度なので、気が付かないケースが多いです。残念ながら、一度症状にかかってしまったら失われた視野を取り戻すのが不可能です。現代の医学においても、症状の進行を遅らせる療法をメインに行なわれています。失明リスクを最小限に抑えるためには、定期的に検査を受けるしかありません。
ぶどう膜炎
眼球全体を包み込むぶどう膜に炎症を引き起こしてしまうと、あらゆる弊害がもたらされます。症状を引き起こす原因として、他の臓器で起きた炎症の余波、体内に侵入した細菌の影響によって引き起こされるケースが多いです。ぶどう膜は、他の眼球組織と比較して血管が多く巡っている関係上、網膜にも悪影響を及ぼしてしまいます。炎症の影響によって視力の低下やその他の症状を発症させる危険性が高まってしまうので、早い段階で治療を受けるのが望ましいです。

発症リスクが高いのが白内障

白内障は、眼球の水晶体が濁ってしまう症状です。放置しない限り、失明のリスクは低めです。ただし、一度発症すると、薬剤の力ではどうにもなりません。症状を改善するには、外科手術を受けるしか方法は残されていません。白内障手術は、大学病院や総合病院以外に、一般的な眼科でも行なわれているほどポピュラーなものです。それに、医療の発達によって、日帰りで治療が受けられるので、負担なく改善できます。

白内障は目の現代病?

白内障は、中高年に多い印象を受けますが、若年層でも見受けられる症状となりつつあります。日常的に、PCやスマホを操作する頻度が多い場合は注意をしましょう。目を酷使し続けてしまうと、白内障を発症リスクが高まってしまいます。もし、PCやスマホをほぼ毎日利用する日々が続くなら、大事を取って検査を受けるのが望ましいです。

症状で見るセルフチェック

下記のリストは、白内障を発症した時によく見られる症状です。もし、何か一つ心当たりがあるなら、白内障の症状にかかっている疑いがあります。早期発見で治療を施すために、こちらで自己チェックしてみるのはいかがでしょうか。

  • 夜間に車を運転する際、対向車のヘッドライトが不快に感じる。
  • 最近、化粧が濃いと言われるようになった。
  • 歩く速度が遅くなったと指摘された。
  • 最近、眠れなくなってきた。

定期的に検診へ行きましょう

かすみ目によってもたらされる症状は、どれも視力低下や失明につながるものばかりです。悪化してからでは、手の施しようがないので、早期発見して速やかに治療を受けるのが望ましいです。大切な視力を失わないよう、年に1回は検査を受けましょう。

TOPボタン

Copyright©2017 日常のあらゆるところに目がかすむ原因が潜伏している! All Rights Reserved.